スポンサードリンク

咽頭結膜熱の症状

咽頭結膜熱は、アデノウイルスが原因の感染症です。学校のプールなどを介して感染しやすいことからプール熱ともいわれています。

症状は、感染後4〜5日間の潜伏期間の後、突然、38〜40度の高熱が4〜7日間続きます。また、のどの腫れと結膜炎を伴います。頭痛や吐き気、腹痛、下痢などを伴うこともあります。

治療は、ウイルスに有効な薬はないので、発熱や結膜炎、のどの痛みなどに対する対症療法が中心になります。

発症後2週間程度は、他の人に感染する心配があるので、食器、洗面器などは共有しないようにします。また、プールから上がったときは、手洗い、うがい、洗眼をしっかりするようにし予防に心がけましょう。

症状が本人としては辛いものなのでかかりつけの病院を受診することをお勧めいたします。

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。