スポンサードリンク

りんご病とは

りんご病は、ヒトパルボウイルスB19というウイルスの感染による病気で、個人差はありますが、ほっぺたがりんごのように赤くなることからりんご病という名前が付きました。初夏から秋にかけて、5才〜9才の子供(こども)がかかりやすい病気やですが、大人になってからかかることもあります。
続きを読む

りんご病の治療法

りんご病は、学校への登校(園)が禁止される病気ではありませんので、特に生活に制限が設けられるわけではありませんが、からだの抵抗力が落ちている時なので、できれば疲れをためないように家庭内で静かに過ごした方が無難だと思います。
続きを読む

りんご病(伝染性紅斑)の基礎知識

りんご病(伝染性紅斑)は、りんごのように両方のほっぺが赤くなる症状が特徴の感染症の事をいいます。
りんご病の原因は、ヒトパルボウイルスB19というウィルスで鼻水や唾液などの飛沫感染によって感染します。
続きを読む

りんご病(伝染性紅斑)のケア

りんご病(伝染性紅斑)にはこれといって特別なケアは必要ありません。
安静にしていなければならないほどの病気ではありませんが、外出して長時間日光に当たったり熱いお風呂に入浴し暖めたりすると、発疹の痒みが強くなることがあるようです。
続きを読む

とびひ(伝染性膿痂疹)の症状

とびひとは、虫刺されやあせもなどをひっかいた傷に黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌などの細菌が感染することによって発症します。正には伝染性膿痂疹といいます。
続きを読む

インフルエンザの症状

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスが原因の急性感染症です。毎年11月〜4月くらいの間に流行します。流行のピークは通常1月下旬〜2月初旬頃になります。
続きを読む

子供のひきつけ

子供のひきつけやけいれんは、脳や体の機能が未発達のためにちょっとしたことで起こります。ほとんどは心配のないものなので、慌てず、冷静に子供の様子を見守るようにします。

続きを読む

手足口病の症状

手足口病は、手や足、口の粘膜に発疹ができ、すぐに水疱になって破れます。発熱がありますが、高熱にはなりません。足の裏が痛くて歩けないこともあります。
続きを読む

子供の嘔吐の対処法

子供が嘔吐することがよくあります。赤ちゃんは胃の入り口の筋肉が未発達で弱いので、せき込んだり、大泣きしたときに嘔吐することがあります。
続きを読む

咽頭結膜熱の症状

咽頭結膜熱は、アデノウイルスが原因の感染症です。学校のプールなどを介して感染しやすいことからプール熱ともいわれています。
続きを読む

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。